Baselog

33歳/派遣社員/手取り14万円/地方移住/ふたり暮らし/の生活改善のログ。

【小食生活】1日1食生活にチャレンジします

 

ここ数年の食事は、1日1.5食~2食程度に落ち着いていました。

 

 

基本的には朝をまったく食べずに、昼は軽食で済ませ、夜しっかり食べるという生活です。

これが快適で気に入っていたのですが、できたら1日1食にして、昼ごはんを用意する時間をまるっとカットすることはできないかな……と常々思っていました。

ですがいま一歩踏み出せず、できるだけお昼ごはんを用意する手間や所要時間を省く工夫などを試みながら、1.5食生活を継続していました。

 

 

 

1日1食をはじめたきっかけ

 

本格的に腰を据えて(というと大げさですが)1日1食に挑戦してみようかなと思ったきっかけは、同居人が転職をして生活スタイルがガラッと変わり、夜ごはんを自宅ではなく外で食べるようになったことです。

それに伴い、これまで同居人の担当だった晩ごはんづくりを分担してもらえなくなり、自分の食べる晩ごはんを自分で作らなければいけなくなりました。

 

もともと料理が大の苦手だった私は「なんとか最小の労力で、楽しく、負担感なく自炊ができるようになりたい!!」と思い、↓のような”がんばらなくていい自炊”をはじめました。

 

 

概要としては、

  • ごはんを炊かずにおかずのみで完結させる
  • 汁物を用意しない
  • 複数回分の食事を一気に作る

 ……など、やりたくない工程をできるだけ省き、自炊を習慣化できるようなやり方を模索しはじめました。

 

そうこうしているうちに、やはり、そもそもの食事の回数を減らせば、食費も浮くし諸々の所要時間も大幅に減らすことができるということを、あらためて実感しました。

1日1.5食の時点でだいぶ食費も節約できているとはいえ、かかるコストはゼロではありませんし、準備や後片付けの時間も必要です。

なにより、0.5食分(お昼ごはん分)のことを考え、個別にメニューを考えたり、前日のごはんを多めに作ったりといったことを意識しなければいけないのが、だんだんとめんどうになってきてしまいました。

 

「いくらなんでもめんどくさがりすぎでしょ」と思われるかもしれませんしこんなことを書くのもアレなのですが、私は本当に、自分だけが食べるもののことについて考えたり、時間やお金をかけることをムダだと思っているフシがあるのです。

同居人が作ってくれるごはんや外食などは、なんでも美味しいと思えるし食べることも大好きなのですが、自分のためだけに料理をしたり、後片付けをしたり、献立を考えたり、買い出ししたりといったことが本当に苦手。

せいぜい1日1食分ぐらいならやれるかな……ということで、0.5食分については思い切って「ためしに、やめてみる」ことを決めました。

 

 

1日1食のスタイル

 

1日1食をはじめて、現時点で約2ヶ月ほどが経過しました。

基本的には平日の仕事がある日限定とし、休日は1食にこだわらず、同居人にあわせて2食くらいは食べています。

最初の1週間くらいは昼~夕方にかけての空腹感が強く、「これはつらい……」などと思ったりもしましたが、2週目ぐらいには慣れたのか空腹感はほとんど気にならなくなりました。

 

 

仕事中に食べているもの

 

ちょうど夏真っ盛りで、平時に輪をかけて食欲がない時期でもあったので、職場に持参するものは家で淹れたカフェラテと、水のみ。

どうしても血糖値が下がって仕事に集中できそうにない……というときだけ、個包装のチョコを食べていました。

チョコを1粒くらい食べればだいぶ頭がシャキッとする(気がする)ので、おやつに関しては職場に常備しておいてもいいかもなーと思っています。

これが自宅であれば、冷蔵庫に常備している漬物とか味付け海苔とかゆで卵などが食べられるのですが、職場で小腹がすいたときに突然たくあんを取り出してボリボリやるわけにはいかないので、今のところチョコにしてます。笑

夏場だったら塩飴みたいなものを舐めつつ水をグビグビ飲めば、熱中症対策になっていいかもしれません。

 

 

晩ごはんはしっかり食べます

 

晩ごはんは、翌日の同居人のお弁当づくりも兼ね、冷めても食べられそうなメインのおかずを1~2品作って食べています。

 

f:id:gorogorogorogoro:20200820120302j:image

 

お弁当のいろどりを考えてプチトマトや冷凍ブロッコリーなどを添えたりはしますが、炭水化物と汁物は一切なし。

同居人が食べる白米は自分で炊かせています。笑

 

晩ごはんを食べ終えたら、次の日の晩ごはんまで食事らしい食事はとりません。

最近はスナック菓子などのおやつもほとんど買わなくなりました。

かわりによく食べているのがヨーグルトで、気が向いたらグラノーラを混ぜておやつ代わりにしています。

 

f:id:gorogorogorogoro:20200808180412j:image

※余談ですがこれを私は「健康的なエサ」と呼んでいます。

 

 

1日1食を継続して起こった変化や感じたメリット

 

1日1食のメリットなどについては、チャレンジがもっと継続できたらまとめたいと思いますが、現時点での感想としては以下のようなかんじです。

  • 食費は1~2割減?程度の削減に
  • わかりやすく痩せたり太ったりはしていない
  • 顔がシュッとしてむくみにくくなったような……(願望??)
  • (まだまだ要検証ですが、)便秘はやや改善傾向にあるような??
  • お昼休みの自由時間が15分増に
  • 晩ごはんがものすごく美味しく感じる!!笑

 

やはり「昼ごはんを食べなくてもいい」「昼ごはんについて考えなくてもいい」のがだいぶ快適で、唯一のデメリットである空腹感を差し引いても、1日1食生活には強い魅力を感じています。

できればずっと続けていきたいですが、数ヶ月後に激的に体調を崩すようなことがあれば断念せざるを得ません。

体調管理には十分注意をしつつ、ゆる~く海賊できたらいいなー、くらいの気持ちでやっていこうと思います。