Baselog

33歳/派遣社員/手取り14万円/地方移住/ふたり暮らし/の生活改善のログ。

【楽天経済圏】楽天系サービスで使っているものまとめ

 

去年、エポスカードから楽天カードに乗り換え、あれよあれよという間に楽天経済圏に取り込まれています……。

楽天経済圏とは、楽天系サービスを利用することで貯まるポイントを、別の楽天系サービスで利用することで、生活に必要な出費を賄ってしまえるシステムのことです。

楽天が提供しているサービスは、楽天市場以外にも電気・格安SIM・ふるさと納税・飛行機やホテルの予約・美容室予約……などなどあまりに多岐にわたるので、もはや楽天系サービスだけで生活が成り立ってしまうことから「楽天経済圏」と呼ばれています。

 

現在私が使っている楽天系サービスは、

  • 楽天市場
  • 楽天モバイル
  • 楽天銀行
  • 楽天証券

の4つです。

 

 

 

 

楽天モバイルがめちゃめちゃ快適です

 

ここ2年ほどワイモバイルのガラケーを使っていましたが、iPhone購入をきっかけに楽天モバイルの格安SIMを契約しました。

楽天モバイルのいちばんのメリットは、ギガを使い切ったあとの低速モードでも、そこそこ高速のネット通信ができるということ。

時間帯にもよりますが、webサイトをブラウジングしたりYouTubeを見たりといったことであれば、低速モードでもまったく問題ありません。

 

f:id:gorogorogorogoro:20200125145042j:plain

(画像は楽天モバイル公式サイトより)

 

ガラケーを使っていた頃は月々1,000円ほどだった通信費は、月々1,600円ほどに上がりましたが、このコスパの良さならまあまあ許容範囲かなというかんじです。

正直なところガラケーでも電話を使いすぎるとこのくらいの値段までは上がってしまうこともあったので、楽天モバイルは10分間の通話無料がついていることを思うと、+600円は安いものです。

 

 

追記:楽天経済圏に漬かりすぎてダイヤモンド会員にランクアップしました

 

以前は月々約1,600円ほどだった通信費が、楽天サービスを使いまくった結果会員ランクがアップした結果、1,000円に値下げされました。笑

詳しくはこちらで↓

 

 

 

楽天ポイント運用⇒楽天ポイント投資をはじめました

 

楽天カードに切り替えてすぐの頃から、貯まった楽天ポイントはほぼすべて「楽天ポイント運用」に突っ込んでいました。

楽天ポイント運用についてざっくりと説明すると、楽天ポイントを使って超簡単な信用投資ができる機能のことです。

ふたつのコースが選択でき、それぞれ値動きによってポイントが増えたり減ったりするので、実際に投資をしているような気分になれます。

 

……が、ポイント運用でどれだけポイントを増やせたとしても、増えたポイントを現金として引き出せるようになるわけではありません。

楽天が提供しているサービスでのポイント値引きなどに使うことはできますが、逆を言うと、あたりまえのことですが「ポイントが使えないシーンでは使えない」のです。

つまりポイント運用でポイントを増やしまくって、仮に10万ポイントが貯まったとしても、楽天市場などで10万円分の買い物ができるだけなので、使い勝手の面が個人的にはどうしてもネックでした。

 

 

楽天証券で楽天ポイントを現金化する

 

非常にまぎらわしいですが、楽天ポイントで投資ができるサービスは、楽天ポイント運用以外にも「楽天証券でのポイント投資」があります。

楽天ポイント運用と同じように100ポイントから信用投資ができるのですが、この楽天証券を介することで現金での出金ができるようになり、楽天ポイントを(ほぼ)そのまま現金化することができます。

(※実際は手数料や税金がかかるので、投資したポイントを100%現金化できるわけではありません)

 

私はこの楽天証券に口座を作ったことで、ポイントを貯めるモチベーションが爆上がりしました。笑

楽天証券に口座開設をして以降は、通常ポイントはポイント投資に、期間限定ポイントは楽天モバイルの支払いにあてる……という使い方をしていて、ポイントを無駄に使ったり、失効させるということがなくなりました。

もちろん、これをきっかけに現金での信用投資に挑戦してみてもいいのですが、個人的には投資にそこまで興味があるというわけではなく、ただただ貯まったポイントを現金化したいだけの理由で口座開設をしたので、やる気はあんまりありません。

余っているポイントを投資するだけなら、たとえ評価額が0円になったところで懐は痛みません。

 

www.rakuten-sec.co.jp

 

 

楽天銀行も作りました

 

楽天証券口座開設のついでに、人生初のネット銀行口座もつくってみました。

ネット銀行はセキュリティに不安があるという話も聞いてはいたのですが、ATM手数料などの各種手数料が無料になることや、金利の高さの魅力に抗えず笑、昨年までに貯めた100万円ほどの貯金をすべて定期預金に入れてみました。

1年定期にしたのでむこう1年間は手が付けられない……ということで、無駄遣い防止&新たな気持ちで再度貯金に励むことができています。

今まで定期預金といえば、平日の昼間に銀行の窓口に行って、現金を用意して、謎の紙に必要事項を記入して……というイメージだったのですが、スマホアプリ上で簡単に通常口座からの移し替えができ、ネット銀行の便利さに驚きました。

 

www.rakuten-bank.co.jp

 

 

楽天市場でのお買い物がお得になった 

 

このように楽天モバイルを契約したり、証券口座を開設したことによってSPUが上がり、楽天市場での獲得ポイントが常時5~6倍になり、更にポイントが貯まりやすくなりました。

SPU(スーパーポイントアッププログラム)とはなにかというと、これもざっくり説明すると、楽天系サービスを使えば使うほど、楽天市場でのポイントが貯まりやすくなるシステムのことです。

こうしてますます楽天経済圏から抜け出せなくなる……と思うとちょっとおっかなくもありますし、ポイント目的で無駄なものを買っていては本末転倒なので、あまりポイ活に躍起にならないようにしたいと思っています。

楽天市場の商品は、ポイントを貯まりやすくしているかわりに元値が微妙に高値に設定されていたりもするので、油断せず、慎重に付き合っていきたいところです。