Baselog

33歳/派遣社員/手取り14万円/地方移住/ふたり暮らし/の生活改善のログ。

【肌断食】おすすめの石けんで落ちる日焼け止め・UVカットアイテム まとめ

 

f:id:gorogorogorogoro:20200523172828j:plain

 

化粧水などによる保湿をしない「肌断食」をはじめて、かれこれ数年以上になろうとしています。 

肌断食に関しては、個人的には「保湿に対してよほどのこだわりがあるわけではないのだとしたら、一度チャレンジしてもいいと思う」ぐらいのスタンスでいます。

私は、毎日の保湿の習慣にすっかり疲れてしまっていましたが、肌断食をはじめて以降はお風呂上がりがとんでもなくラクになりました。

しかも、肌の調子は「保湿をしまくっていた頃よりも、よくなっている、かも??しれない??(毛穴はまちがいなく小さくなった!)」というかんじなので、化粧水をやめてよかったな~と思います。

今後どうなるか、どうするかはわかりませんが、肌断食はまだまだ継続していきます。

 

 

肌断食をしていても、夏の日焼け止めはマストです

 

そうはいってもおっかないのは、夏の紫外線です。

肌断食をすすめる書籍や記事でも、紫外線対策など一切不要!!とまで書いているものは見たことがありません。笑

たいていは「ケミカルな日焼け止めより、物理的に日傘・帽子でUVカットしましょう」というような記述になっているものが多いです。

 

私の場合は、

  • ふだんは「帽子、サンバイザー、アームカバーなど」+「石けんで落とせる、弱SPFの日焼け止め」
  • 長時間の外出や、海などでのレジャーのときは「石けんで落とせる、強SPFの日焼け止め」

というふうに、シーンによって使い分けて、夏を乗り切っています。

この「石けんで落とせる」という条件はマストで、メイク落としや洗浄力の高い洗顔料を使わなければいけないものは避け、可能な限り肌負担を少なくオフできる日焼け止めを選んでいるつもりです。

 

※余談ですが、都会に住んでいた頃は日傘を使っていましたが、最近は常に片手がふさがるのがわずらわしくて使わなくなりました。

ふだんの移動手段が基本、原付か自転車なため、日傘を持っていられる状態じゃないという理由もあります。

 

以下は私が今までに試したことのあるもののなかで、おすすめの日焼け止めやUVカットアイテムです。

 

 

 

 

過去に使った日焼け止め おすすめまとめ(弱SPF)

 

スキンアクア トーンアップUVエッセンス

 

 

ラベンダーカラーでトーンアップ効果があり、透明感のある肌色にしてくれるとのことですが、正直トーンアップ効果については「言われてみれば……」レベルです(私がガッツリイエローベースのせい、という説が濃厚)

ラベンダーカラーの日焼け止めは他にも数種類あり迷ったのですが、このスキンアクアのものを選んだ理由は、

  • サボンの香りが好みだったこと
  • べたつきが少なく伸びがよかったこと

この2点が決め手になりました。

 

事前に確認した口コミで多かった意見では、「ほんの少しでも擦ると落ちてしまって、服などに白く付着してしまう」というものがあり多少不安でした。

そして、確かにかなり落ちやすいです。 ウォータープルーフ感はまるでなく、手に塗ってもお手洗いに行って水洗いするとぜんぶ落ちちゃう、というかんじです。笑

顔に塗ってもおそらく汗で大部分が落ちてしまっているのだろうな……と思いながら、平日など日中はほぼ建物の中にいるような日はあまり問題ないかなということで、日常使いをしています。

なにより香りがほんとうに好みで、落ちやすいことを差し引いてもかなり使い心地のいい、お気に入りの日焼け止めになっています。

 

 

ヴェレダ エーデルワイス UVプロテクト

 

 

口コミなどでも評価が高い、ヴェレダの日焼け止め。

  • 白浮きせず肌になじみやすく
  • 日焼け止め特有のいやなにおいもせず(むしろいいにおい!)
  • 石けんで落とせる

……といいことづくめ!

キレイなベージュカラーなので、私は夏場はこれをファンデーション代わりにしていました。日焼けも防止できるうえにファンデーション不要!優秀!

そのかわりといってはなんですが、日焼け止め効果に関しては、そこまで強力なものではないようです。そして、お高いです。笑

通勤や家事の合間に数分~数十分ほど外出する、という用途に使う日焼け止めとしては、歴代ではいちばん推せるアイテムかもしれません。

 

 

パックスナチュロン UVクリーム

 

 

塗った時の白浮きっぷりがものすごいことで有名なパックスナチュロンの日焼け止め!笑

たしかにとてもモッタリとした質感で、ちゃんと塗り込まないと顔中身体中がまっしろになるので、外出先で手軽にサッと塗りなおせるというかんじではないです。

私は主に朝出かける前に時間をかけてぬりぬりしていました。

毛穴がうっすらカバーされるかんじはあるので、化粧下地のかわりにもなると思います。

安定の太陽油脂製なので、お肌への負担の軽さ・落としやすさの点で気に入っていました。

 

 

ユースキンS UVミルク

 

 

肌断食のブログなどでよく見かけるのが、このユースキンの日焼け止め。

いかにもお肌によさそうなパッケージ!で、実際に負担は少ないと思います。

 ですが、今のところドラッグストアで取り扱っているのを見たことがないので、ちょっとテスターを借りて使用感を試すということができず買いにくいのと、使用感が若干べたつくのが難点です。

個人的には、日焼け止めの使用感にこだわりのある人にはきびしめかな……という感想です (とはいえパックスナチュロンの白浮きっぷりに比べたらどうってことないとは思います。笑)

お値段がとてもリーズナブルなので、石けんで落とせる日焼け止めの入門アイテムとしては最適なのではないかと思われます。

 

 

過去に使った日焼け止め おすすめまとめ(強SPF)

 

ビオレ アスリズム スキンプロテクトエッセンス

 

ビオレ UV アスリズム スキンプロテクトエッセンス 日焼け止め 70g SPF50+/PA++++
 

 

去年は、休日の外出時や海・川でのレジャー用として、ビオレの「アスリズム スキンプロテクトエッセンス」を使いました。

店頭での「ビオレUVシリーズ最高クラス」の文言が目に留まり、ちょうどアネッサとアリーに飽きていた頃だったので笑、お試し気分で購入しました。

こちらの決め手になったのは、ホワイトフローラルの香りが特徴的で、強めの日焼け止め特有のあのキツイにおいがしないところ。

アネッサやアリーに比べると若干割安なのもうれしい。キャンプでバシャバシャ使いました。

もちろん石けんで落ちますし、日焼けもしっかり防いでくれる安心感があります。 パッケージのデザインがミニマルなのもお気に入りポイントです!!

 

 

アネッサ パーフェクトUV アクアブースター

 

 

アネッサは定番中の定番です。長時間の外出や、海遊びをするとき用として愛用しています。

さらっとしたミルクタイプでとても塗りやすい!

一応「石けんで落ちる」という表記はありますが、SPFの弱いものに比べて落ちにくいような気がするので、私は念のため二度洗いしています。

難点としてはお値段が少々高めなこと……。もったいないので身体には使わず、顔用としてチビチビ使っています。笑

 

 

身体用の日焼け止め:購入時の気分でチョイス

 

身体用の方は、顔用よりもかなりおおざっぱなチョイスで、薬局で目についた比較的安価なものを、テキト~に買ってしまっています。

「まあ、【石けんで落ちる】って書いてあればいいか……」ぐらいのかんじ。

とはいえまったく効果がなかったり、肌に合わないものを使っても意味がないので、「使っていて違和感がないもの、ヒリヒリしたりしないもの」という基準で選んでいます。

 

 

日焼け止め以外のおすすめUVケアアイテム

 

飲む日焼け止め「noUV」

 

noUV

noUV

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 

「飲む日焼け止め」系に関してはあまり造詣が深くなく、今まで試したことがあるのはこの「noUV」のみです。

そして、実際の効果のほどに関しては、上記の日焼け止めと併用していることもあり、正直よくわかりません!! (身体の中に入れるものなので、あんまり強力に効きすぎるようなものだったとしても、ちょっとこわい)

気休めにすぎないかもしれないな~と思いながら、海遊びのときは一応、飲むようにしています。

日焼け止めを塗ることができない頭皮などに当たる紫外線をカットする効果もあるということで、言われてみれば海遊びのあとの頭のヒリヒリ感が軽減されているような……?気がします。気がするだけかもしれない……。

 

 

ラッシュガードとラッシュトレンカ

 

 

 

海遊びをするなら必需品!!

どんなに「色気がない」と言われようと、動きにくかろうと、暑かろうと、紫外線ダメージで手足を痛めつけるよりはマシです。

真夏の海の紫外線は場所や時期によってはほんとに危険なレベルなので(日焼けというより炎症になりかねないこともあります)、ちょっと羽織る程度だとしても持っておいた方がいいと思います。

気になる体型もカバーしてくれます!

あと、肌を覆ってくれる面積がとても大きいので、地味に日焼け止め代の節約にもなっています。私は旅先では、海以外でも基本、ラッシュガードを着てウロウロしています。笑

 

 

冷感素材のアームカバー

 

 

アームカバーは冷感素材のものをひとつ持っていると、とても快適に夏を過ごせます。私はLOGOSのものを使っています。

冷感接触タイプならUVカットもできるうえに、素肌のままでいるよりもひんやり涼しく感じられるのでお気に入りです。

他にも、自転車に乗るときには、手のひら側の素材がメッシュになっているタイプのものを使っています。汗で蒸れなくて快適!

アームカバーもラッシュガードと同様、サッと装着するだけでUVカットが完了し腕の広範囲に日焼け止めを塗らなくてすむので、肌負担の軽減と日焼け止め代の節約に役立ってくれます。

 

 

サンバイザー・帽子など

 

自転車に乗ったり、ちょっと近所まで買い物にいくという時には、サンバイザーや帽子をかぶってUV対策をしています。

ですが、このサンバイザーや帽子に関してはいまひとつ、コレだ!!というアイテムを発見できておらず、毎年、とりあえず100円ショップで間に合わせのものを調達したりしてひと夏をしのいでいます。

できればずっと使えるお気に入りアイテムがひとつくらい欲しいのですが、UVカット目的のサンバイザーや帽子などはどうしても「オバチャン感」が出てしまうものでもあり、迷走中です……。笑

 

 

まとめ

 

私は、肌断食のおかげで保湿に関する化粧品を買わずにすんでいるかわりに、日焼け止めやUVカットグッズにはお金をかけるという方針でいます。

日焼け止めを塗るのも、真夏は避けて通れないこととはいえ、毎日となるとやっぱりちょっとめんどう。

それでも「毎日お風呂上りに化粧水をはたきまくるめんどくささよりは、だいぶマシ」と思い、あまりケチりすぎないように気をつけています。

 

肌断食は、日焼け止めが必要な夏さえ乗り切ってしまえば、保湿に手間がかからないぶんラクだし、肌にかかる負担も少なくなります。

 

www.raccasa.com

 

できるだけ紫外線によるダメージは抑えつつ、夏を楽しみましょう! 

 

 

※おすすめの石けんはこちら