Baselog

33歳/派遣社員/手取り14万円/地方移住/ふたり暮らし/の生活改善のログ。

2019年12月の生活費と収支表(と2019年の年間のまとめ&2020年の目標)

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

12月の生活費と収支のまとめです。

 

f:id:gorogorogorogoro:20200102151805j:plain

 

iPhone購入のおかげで2019年初の赤字家計!!

 

www.raccasa.com

 

iPhone代に関しては積立金から多少補填しようかとも思ったのですが、ここで積立金を崩してしまうと来年の高額出費への備えがこころもとなくなってしまう……ということで、今年の出費今年のうちに、潔く2019年を赤字で終えることにしました。

年末だからといって気が大きくなり外食もしすぎました。

 

 

2019年の生活費と収支表

 

そんな2019年の家計が年間でどうなったかというと、このようになりました↓

 

f:id:gorogorogorogoro:20200102151759j:plain

 

iPhone11に8万円を費やしても、前年比マイナス8パーセントと、だいぶ検討しました!

(というか、iPhone、私の一ヶ月分の生活費とほとんど変わらないんですが……改めて高い買い物をしてしまったなと思います……。笑)

しかも今年は、去年は払っていない住民税も払っています。

iPhoneと住民税を除くと、生活費としてはだいたい75,000円くらいで暮らせたことになります。

なかでも前年に比べて外食費をかなり下げられているのがうれしいです。やればできる~!

 

目標にしていた「手取りの5割を貯金する」ということは達成できませんでしたが、2019年は貯金額が100万円に到達したりと嬉しい出来事もたくさんあり、いい1年だったな~と思います。

 

www.raccasa.com

 

仕事の面では、派遣の時給にまったく見合っていない責任の重い業務が増えたりして、一時期は毎日のように「早く辞めたいな~」などと思っていましたが、職場の居心地自体はわりとよいもので、なんだかんだでズルズルときてしまいました。

現在の派遣先の契約期限が2021年3月で終了することもあり、2020年は今後の働き方について改めて考える必要がありそうです。

ので、2020年の目標は「とにかく生活コストを最小限にする」ということで、年間の平均生活費を6万円台まで下げたいと思います。

月6万円の生活費であれば、今後フルタイムの仕事をやめてパートタイムに移行したとしても、まったく問題なく稼げる範囲になります。

いつか収入が半減した時のために、今のうちから最低限の生活コストに慣れておこうという実験をするつもりです。

 

2020年もどうぞよろしくお願いいたします!